心の変化を感じるとき

IT業界に入り、職場で作業をしている中で、何か自分の力で大きなビジネスを展開していきたいと考えるようになるケースもあるでしょう。それは、毎日のルーチン作業の中で、その作業自体に慣れていくにしたがって、他のことを考える余裕が生まれるためだと考えられるからです。

逆に、初めてする作業に対して、自分がその作業に慣れようと必死になって取り掛かるために意識が集中して、他のことを考えたりはしなくなります。故に、初めてする作業は、自分にとって刺激的なものとして社会生活においての拠り所ともなっていきます。初めてする作業によって、生きている証というのを実感していくかのように、作業自体が自分の人生にとって張り合いのあるものとして、無くてはならないものという認識が生まれていくのです。

そうして考えると、作業から生きていることの意味を問いただされているかのような感覚があり、その作業から仕事に対しての情熱を持つことが、生きていく上での大切なことなのだと教えてくれているかのようです。故に、作業をしたときから、人生へのアクションがなされているということです。結論として、作業が織りなしていく人生設計としての段階を感じさせられたような思いとして胸に刻まれていくのです。

IT社会における作業をしていくうちに、情報と関わりのある自分自身がその仕事によって生かされているといった感覚が起こったりはしないでしょうか。まるで、その緊密な情報が、頭を活性化させるのに必要な栄養源として、その作業自体が自分のパートナーであるかのようにITそのものに対して生きがいを感じるようになるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です